東京女子医科大学

Tokyo Women’s Medical Univercity

集中治療科

News

お知らせ

About Us

About Us

集中治療科について

 東京女子医科大学集中治療科は重症患者さんに、安全に最善の高度集学的医療を責任もって提供するため、それまでセンター別に分散してあった集中治療室を合併し一体運用が始まる2017年度に新設されました。現在、33床の集中治療室(ICU)を管理し、年間約3,000例を超えるICU入室患者の治療にあたっております。

 集中治療の目的は、外科系・内科系疾患を問わず呼吸、循環、代謝、脳神経などの重篤な急性臓器障害に対して、適切に集学的治療とケアを行うことにより臓器機能の回復を促し重症患者さんを救うことです。

 大学病院集中治療科は、高度治療を行うこととともに教育や研究もその重要な役割となります。当院ICUは日本集中治療医学会の専門医研修施設として、専門医の育成を担います。集中治療医学は多くのエビデンス(根拠)を基本にして治療を行います。ただ最重症の患者さんにおいては、このエビデンスに当てはまらない患者さんもおられます。そのため、多くの医療従事者の治療への関与が重要になります。日々変化する患者さんの病態を、毎朝適時行う多職種カンファレンス(医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学部、栄養管理部、他のスタッフ)で検討し、治療計画を決定・共有しております。

 日本の大学での集中治療科はまだ産声を上げたばかりです。これから、多くの大学病院に集中治療科が開設されるよう、その模範となれる集中治療科として看護師、他の多くの医療スタッフと活動してまいりたいと思います。そして、日本唯一の女子医科大学のICUとして、現在日本で少ない女性集中治療専門医を多く育成し、集中治療を担う女性医師リーダーを輩出していきたいと思います。皆様のご指導やご支援をよろしくお願い申し上げます。

集中治療科 教授 野村岳志

Reserch

Reserch

研究内容

以下にあるように多くの研究を行っており、また研究に参加できます。学術活動は目標を掲げて行い、論文化を行います。また、学位の取得を目指す先生は研究をサポートします。

  • ・急性呼吸不全の病態生理
  • ・人工呼吸管理(経肺圧、EIT、肺エコーなどのモニタリングを含め)
  • ・Point-of-care ultrasonography
  • ・集中治療における睡眠・せん妄
  • ・集中治療のアウトカム(日本集中治療学会の日本ICU 患者データーベース:JIPAD に参加)
  • ・Rapid response system
  • ・シミュレーターによる教育

Staff

スタッフ紹介

教授野村 岳志

NOMURA Takeshi

【専門領域】

  • ・日本集中治療医学会 集中治療専門医
  • ・日本麻酔科学会 麻酔科専門医・指導医
  • ・集中救急における超音波診断
  • ・集中治療医学教育
    ・Tele-ICU,遠隔医療サポート
    ・シミュレーション教育

教授川口 敦

KAWAGUCHI Atsushi ▶researchmap

【専門領域】

  • ・日本集中治療医学会 集中治療専門医
  • ・日本小児科学会 小児科専門医・指導医
  • ・公衆衛生学(疫学)博士
     (アルバータ大学、カナダ)
  • ・非侵襲人工呼吸
     (呼吸生理学、疫学 LongVentKids Study
    ・Computer Decision Support System
    ・医療AI 搬送遠隔医療 Applied Mechanics
スタッフ一覧

report

業績・論文

Facility&Access

施設紹介

住所 〒162-8666 東京都 新宿区 河田町 8-1
TEL 03-3353-8111(大代表)
アクセス 都営大江戸線 若松河田駅下車、
若松口より徒歩約5分
都営大江戸線 牛込柳町駅下車、
西口より徒歩約8分
都営新宿線 曙橋駅下車、
A2出口より徒歩約12分

recruit

スタッフおよびフェロー募集案内

東京女子医科大学集中治療科は令和3年4月から新体制になります。新たに小児部門(Closed PICU8床)が新設され、現在の成人中心に行っている部門は成人部門となり、同一診療科内で成人ICUと小児ICUの臨床、研修等が可能となります。
興味ある先生は下記の問い合わせフォームよりご連絡いただけましたら幸いです。入職時期は未定でもお声かけ下さい。見学も随時受け付けております。遠方の方はwebによる個別面談も可能です

当院・当科の魅力
  • 国内屈指の症例数(特に心臓外科、人工心肺、移植管理、脳外科、泌尿器科(腎移植含む))をもつアカデミア
  • 勤務体制:2交代のシフト制(夜勤は16時〜翌日朝10時まで。夜勤明けの外勤なし。)
  • 小児、成人部門をローテーションすることにより、両方の臨床経験を積むことができる
  • 国内外のトップ研究機関(早稲田大学、東京電機大学、モントリオール大学)、ベンチャー企業等と協力し、様々な分野の(電気工学系研究、AI機械学習、Applied Mechanics、搬送遠隔医療など)幅広い研究をすることができる
  • 国内外でのDegree (PhD, MPH, MSc) 取得者が多数在籍し、様々な研究分野で国際レベルの研究指導を受けることができる
  • 最短2年で博士号取得を目指すことができる
  • 完全シフト制かつ160時間ルールを取り入れたフレキシブルな勤務形態を取ることができる(他大学や学部での大学院進学も可能)
成人部門 常勤、非常勤、短期研修募集します。医師8年目以上で専門医有資格者は助教として採用いたします。

当院成人ICUの特徴
Surgical & Medical ICUです。当院は病床数1,200床を有しており、多種多様な症例が経験できます(年間入室者数2F-ICU約1,400名、4F-ICU約1,700名)。とくに移植後の管理(心移植、肝移植、膵移植、腎移植)においては日本屈指の症例数があります。また心臓病センター、糖尿病センターやリウマチセンターがあるため、重症呼吸不全、感染症、重症心不全、成人先天性心疾患などの症例を多く経験できます。また小児集中治療部門での研修を組み込むことで、集中治療専門医取得に必要な幅広い小児症例の経験が可能です。
  • 呼吸不全、敗血症などの患者管理はClosed Systemをとっております。
  • 毎朝の多職種(ICU医師、主治医、看護師、薬剤師、臨床工学技士、理学療法士ほか)による症例カンファレンスを行っています。
  • ICUエコーラウンド:症例を決めてエコーラウンドを行います。全身の超音波診断を学ぶことにより、Point-of-Careの診断技術を習得でき、種々の診療に応用可能となります。(希望により小児心臓麻酔研修、TEE研修なども麻酔科と連携して行います。学びたい集中治療医は是非。)
  • Web 会議にてJournal Clubを聖マリアンナ医科大学救急科、奈良県総合医療センター集中治療部ほか多くの施設とおこなっており、他施設と繋がります。
成人部門Facebookページ
小児部門 東京女子医科大学病院では令和3年度、新たに小児集中治療部門を開設することとなりました。
常勤、非常勤、短期研修募集します。医師8年目以上で専門医有資格者は助教として採用いたします。 一緒に夢のあるPICUを作りましょう!

採用された方々には、PICUにおける全ての患者の主治医として、また重症小児患者診療の舵取り役、地域小児医療、院内小児医療における最後の砦の一員としての役割を十分に理解し、各専門家(医師以外の職種も含め)と連携し診療を行っていただきます。

小児部門体制(令和3年度夏運用開始予定)
8床(独立ユニット)、常勤医師(9名)、完全交代シフト制
臨床、教育、研究のあらゆる面で成人部門との連携を行なっていきます。
非常勤、大学院生、研究生の採用も行います。

当院PICUの特徴
  • 海外(カナダ、米国、豪州)で臨床トレーニングを受け、また学位(博士、修士)を取得した医師(3名)から指導を受けることができる。
  • 成人チームと同じ屋根の下で幅広く(学生)教育、研究に寄与できる。
  • 小児集中治療に携わりながら、学位取得を目指すことができる(海外大学との連携プログラムあり)
  • 日本、アジアトップクラスの外科チーム(心臓外科、脳外科、泌尿器科など)。
  • 人工心肺、ECMOセンター、小児心臓移植認定施設(2019年度より実施)として最重症患者の診療を経験できる。
  • 大学医局人事の縛りは一切設けません。キャリアアップの手段として大学を利用してください。

小児心臓外科は令和元年度より新体制となり(新川武史教授、Arkansas大学より帰国)、心臓移植、人工心肺を含めた全てのLife Saving Interventionsが可能となっています。各小児専門科、脳神経外科、泌尿器科をはじめとする日本、アジアトップクラスの外科チーム、成人ICU部門の協力のもと最先端、高度小児集中治療を行う施設として出発します。

選出された方には主に東京女子医科大学病院集中治療科、小児集中治療部門の診療、教育、及び研究を担当していただきます。成人部門との掛け持ちなども可能です。

また大学での小児集中治療部門として研究を積極的に推進します。指導医には海外(カナダ、米国)で公衆衛生大学院を修めた医師が3名おり、国際レベルの集中治療研究指導を受けることができます。所属医師には学位の取得、研究助成金の獲得など研究者としての基盤づくりを積極的に助成し、将来の同分野でのリーダーとなりうる人材を育てたいと思います。特に小児集中治療研究をリードする国内外の施設とのネットワークを生かし、「夢を持った」研究の推進を行います。また小児集中治療医学の教育、研究の国内、アジアにおけるハブとなるべく、海外からも同分野で将来のリーダーとなりうる人材を積極的に受け入れたいと思います。また成人部門との共同研究を積極的に行い、集中治療医学全般の発展に寄与できる研究を進めます。

本学では、「社会に貢献する女性医人を育成する」という本学の建学の精神に則り、女性の活躍を推進しています。本部門では、今後日本、世界の小児集中治療をリードする女性小児集中治療医を育成していきたと考えています。そのため、女性にとっても働きやすい環境を整備します(160時間ルールと変動勤務制)。また業績および人物の評価において同等と認められた場合には女性を積極的に登用する方針です。
小児部門Facebookページ

Contact

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問合わせの方は
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須